おすすめの本

「旬を食べる=和食薬膳のすすめ」 武鈴子著 家の光協会  1375円
日中医薬研究会・関東支部会員の武鈴子先生が和食・薬膳の本を出されました。
まるでパズルをとくように、和食と薬膳の伝統の知恵がわかる本です。

日本の伝統的な和食は、そもそも多品目をバランスよく摂取できる、素晴らしい食事なのです。
「一日の栄養所要量を満たしているか」
「一日三〇品目摂れているか」などとあえて意識しなくても、日本人にふさわしい食べ物がふさわしい形で、過不足なく取り入れられるように、長い歴史のなかで培われ、受け継がれてきたのです。
      1章 和食は薬膳そのもの
      2章 春の養生訓
      3章 夏の養生訓
      4章 土用の養生訓
      5章 秋の養生訓
      6章 冬の養生訓
      7章 四季の一汁三菜

ホームへ