玉葱

玉葱はあらゆる国の料理にはなくてはならない野菜で、調理の仕方によって千変万化します。長期保存が可能で、家庭の常備菜になっています。

世界的にあまりにも広く栽培されているので、原産地は定かではありませんが、紀元前3000年ごろのエジプトですでに栽培されていたようです。ヨーロッパ全土に普及するのは16世紀と意外と遅く、食料の乏しかった当時たいへん重宝されました。

食用意外にその頃の玉ねぎの面白い利用法として結婚占いに使っていたそうです。結婚前の娘が言い寄ってくる男たちの名前をひとつづつ玉ねぎに書いて暖かい部屋においておき、何日かして一番早く芽の出た玉ねぎに書いてある名前が結婚相手にふさわしいという他愛もないことですが、現在でも使えそうな占い方法です。

日本には、江戸時代の初期に南蛮船によって初めて持ち込まれましたが、一般に広く食べられるようになったのは、明治10年頃北海道と大阪で栽培に成功してからです。わが国において玉ねぎは、まだ100年ほどの歴史しか持たないのに、今や世界有数の玉ねぎ消費国になってしまいました。これは家庭料理の人気メニュー、カレー、ハンバーグ、どんぶりに玉ねぎが欠かせない食材だからです。

玉ねぎの種類は多く、4月には愛知・佐賀、5月には大阪・和歌山・兵庫、6~7月には栃木・長野から、8~9月には北海道産が店頭に並び、保存が可能なので、1年中でまわっています。

新玉ねぎと黄玉ねぎはまったく品種の違うもので、下記のような特性があります。

新玉ねぎ(白玉ねぎ) 玉ねぎ(黄玉ねぎ)
甘みがあり、柔らかい 比較的にがみがある
糖度 12度以上あるものもある 10度前後
食べ方 サラダに最適 水にさらして冷やしたり、煮込んだりすることによって、うまみが増す。