大豆料理

たんぱく質やビタミン、ミネラルたっぷりの大豆や豆類はお勧め。

昔は時間をかけてコトコト煮た大豆が食卓を賑わしたものですが、最近は炊くのが面倒、料理の仕方が解らないとかで、豆料理はめっきり食べる機会が少なくなりました。

最近注目の大豆のイソフラボンは、骨粗しょう症や更年期障害、血管の健康を促進させ血中コレステロールを低下させるなどの研究が盛んです。こんな優秀素材を見逃す手はありません。水煮したものやドライパックの缶詰など、手軽に料理できる食材も販売されています。ゆばや豆乳などを使うのもおすすめです。さあ、大豆料理にチャレンジしましょう!


ゆばと菜の花の盛り合わせ
<材料>
菜の花1束
味付けゆば2パック
しょうゆ、からし少々

<作り方>
①菜の花を2つに切り色よく茹でる。
②ゆばの煮汁にしょうゆとねりからし少々を加え、菜の花を和える。
③ゆばと菜の花を器に盛り合わせる。


大豆のカリカリかき揚げ
<材料>  (4人分)
水煮大豆1缶140g
大葉4~5枚
小麦粉1/3カップ、水1/3カップ
揚げ油、塩少々

<作り方>
①水煮大豆は水をしっかり切る(フリーズドライタイプはそのまま使用)
②大葉は4~5ミリ角に切る。
③ボウルに小麦粉と水を入れ、粘り気を出さないよう混ぜ合わせ、大豆と大葉を混ぜる。
④ティースプーンですくい(4~5粒)中温の油でかりっと揚げる。
⑤お好みで、塩をつけていただく。


枝豆のツナドレッシングサラダ
<材料>
枝豆(さや付き)300g
ツナ缶小1個
黄ピーマン1個、トマト1個
酢大さじ2、塩、こしょう各少々

<作り方>
①枝豆はさやから出す。
②黄ピーマン、トマトは1センチの角切りにする
③ツナを汁ごとボウルにあけ、酢、塩、こしょうと混ぜ合わせる。
④1~3を混ぜ合わせる。


大豆のサラダ
<材料>
水煮大豆小1缶
レタス、きゅうり、ハム、大根
お好みでドレッシング

<作り方>
①大根はうすく千切りに切る。
②レタス、ハム、きゅうりも大根にそろえて切る。
③水切りした水煮大豆と①②をまぜドレッシングであえる(マヨネーズを少し加えるとおいしい)